空き家を処分したくてもできない問題

空き家を処分したくても、建売のまま売却することが不可能であれば、空き家を遺産ごと引き継いだ子供が百万単位の費用を支払って更地にするしかないのですが、子供も自分の生活で精いっぱいな状況でその費用を支払えるはずもなく、親の貯金は、親の老後の高額な特養以外の有料老人ホームの費用にあてていたので引き継ぐ貯金もなく、相続放棄をする短いタイミングを逃してしまい、どうすることもできなくて放置する人は多いです。

マンションであれば、室内を綺麗にするだけで売れる可能性が高いのですが、田舎や築年数が経過した老朽化した一軒家が建売のまま売れる確率は低いです。空き家を放置した場合の罰則を強化したとしても、空き家を国が引き取ってくれることも少なく、裕福な家庭で育ち親の遺産に余裕のある人のように、百万円程度のお金を庶民は出せないので、どうにかしたくてもどうにもできない状況を政府はもっと理解をし、罰則を強化して罰金を払うようにするのではなく、そういった人は国が空き家を無償で引き取るシステムを今以上に作るべきです。

PR|解体工事の大阪の相場を知るなら