住宅解体工事に際しての周辺住民のケアは

只でさえ大きな騒音が発生し、周辺住民に少なからずストレスや迷惑を与えてしまう住宅解体工事ですから、事前から事後に至るまでの心配りやケアは非常に大事になるものです。
これを怠れば、例えそこに新築の住宅を構え素晴らしい住環境を手に入れたとしても、周辺住民とのわだかまりが解消せず、逆にその後住み辛くなってしまう可能性だって否定出来ないのです。
解体工事の具体的なスケジュールが決まれば、その施工初日までに確実に周辺住民全てにその旨を伝え、迷惑を掛ける事を一言詫びて回るべきでしょう。その際菓子折り等を持参していけばより丁寧なイメージを持たれ、少なからず好感度も上がる筈です。
解体工事中は施工業者に対しなるべく低いレベルの騒音で抑えてもらう様お願いすると共に、自らその最中に訪れ騒音のレベルが大きいと感じれば、少なくとも隣接した住民に対しお見舞いしその程度が苦痛でないか尋ねケアをする姿勢を見せても良いでしょう。
解体工事が完了すればその旨再び報告しお礼をして回れば完璧。新築工事の際に再び若干の騒音は発生するかも知れませんが、その程度は一気に崩す解体工事の比では無く、大きな峠は越えたと言っても差し支え無いでしょう。

PR|京都の解体工事費用を安くするには|