空家対策特別法はあるけれど・・・

最近空き家が増えていて、治安の悪化につながっているというような

ニュースを聞いたことはありますか?なぜ、空き家が増えているので

しょうか?それは、核家族化の進展と固定資産税制度が原因と言われ

ています。

核家族化により高齢者が単独で住む世帯が増えたため、その高齢者が

亡くなった後の住居が空き家へとつながっています。たとえその高齢

者に子どもがいたとしても、その子どもは別途家を所有していることが

多かったり、古くなった住居に入るのを嫌がったりして、結局空き家

になってしまうそうです。

また、空き家が壊されずそのままになっているのは、現行の固定資産

税制度が原因です。家が建っている土地の固定資産税は、家の建って

いない土地の6分の1で済むのです。だから土地の所有者は空き家を

わざわざお金をかけて壊すことはしないのです。

そこで平成27年に空き家対策特別措置法が成立し、倒壊の危険などが

あるいわゆる「特定空き家」に該当する場合、その土地の固定資産税

は6倍になることになりました。

しかし6倍といっても、家の建っていない土地と固定資産税の額が同

じになったにすぎません。特定空き家を放置していると罰則が適用さ

れるようですが、実効性には疑問符が付きます。

現在でも空き家が減っている実感はないと思います。もっと実効性の

ある空き家対策の立案が必要でしょう。