一戸建ては和室があるところを購入

新築一戸建てを児玉町に購入する際には、和室があったほうがいいな〜と思っていたので、物件見学した時も色々と相談してみました。やはり和室があると落ち着くし、寒い時期になったらコタツをいれて家族団欒で過ごすのも良いな〜と思っていたので、住宅展示場も営業さんと話してみました。最近の一戸建ては、フローリングの洋室が多く、和室を入れない新築住宅も多いようで、けっこう住居スタイルも変化していることがわかりました。なので和室がある住まいは、今はかなり少なくなっているし、住宅メーカーによって住まいの造り方も違うので、その部分を考慮してから展示会場を見て回ったほうが良いことがわかりました。現代的な住まいは、和室をなくしてリビングを広くし、そして開放感ある造りになっている住まいも多いです。
駅近くの一戸建ては、人気があるので狭くてもすぐ完売する傾向にあります。現に駅から徒歩5分ほどの3階建てを見学しましたが、2階部分が食事ができるスペースでリビングになっており、1階はお風呂、3階は寝室となっていますが、部屋が狭いので、かなり窮屈な感じがしました。もう少し広いスペースが欲しいな〜と感じましたが、駅近くの物件はどうしても土地の値段も高くなり、物件を建てる場合、お手頃価格な物件にするには土地面積を狭くするしかないようです。
駅から少し離れた徒歩15分ほどのところは、敷地面積も広くとれるので、ちょっと離れただけでだいぶ違いが出るのには驚きました。やはり満足できる住まい環境にしたいと思っていたので、1階部分に和室があり、リビングと隣接しているところ探すと、見学した新築住宅で見つけたので、かなり気に入りました。駅から少し歩きますが、周辺は環境がよくスーパーやコンビニ、病院など必要なものがある程度、揃っている点も安心しました。普段の生活に役立つような場所が良いので、やはりスーパーやコンビニがあるほうが満足できます。和室もあるのでかなり満足です!

<PR>サプリメント|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|女性向けエステ.com|ショッピングカート|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|マッサージのリアル口コミ.com|心の童話|JALカード|初値予想|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|